シニア

食事で改善できる高血圧|自宅で美味しい料理で病気を改善

このエントリーをはてなブックマークに追加

塩分を控えることで

笑顔のシニア男性

塩分は身体を維持する上で重要な必須ミネラルで、まったく塩分を取らないと身体に大きな支障をきたすことになりますが、塩分を取りすぎる血圧を上げるなど身体への負担が多くなります。このため血圧を下げる食事では塩分を控えたものが中心になります。

Read

流動食を手に入れる

夫妻

流動食は高齢化社会に伴ってニーズが高まっているため、それを扱っているクリニコが人気となっています。さらに大手の森永乳業グループであるため、安心して利用でき、さらにネットショッピングで買い物することができます。

Read

バランスが一番肝心

和食

柑橘系の果物に着目

高血圧でも自覚症状が一切出ないケースもあって、動脈硬化や脳卒中などの重篤な病気を引き起こす可能性もあり、治療を必要とする患者数が増加しているのも事実です。この場合には薬物療法で降圧させますが、服用中に避けるべき食べ物があるため、組み合わせの指示を受けることも注意点です。一例として、グレープフルーツに含まれる成分には薬の効果を半減・過剰にさせる実例も挙げられています。少量となる摂取でも関係ないのがポイントですし、同じ柑橘系の果物でも影響しないものもあります。レモンやカボスなどが該当し、病食では減塩の目的で食事に使用されやすい柑橘類です。また、果物には塩分の排泄に関わるカリウムが含まれているため、食事による改善に摂取が推進されています。しかし、糖分も多いために肥満体の方は注意した摂取も必要です。

飲んでも食べても良し

慢性的に正常値よりも血圧が高い状態で、高血圧と診断されます。運動や気温の変化など、一時的な血圧上昇では心配はなく、安静時に血圧を測定することが健康管理では大切です。正常高値の状態である場合、早めの予防や改善が必要で、心臓病リスクが健康的な人と比較した際に約2倍に増幅します。生活習慣を見直し、血圧をコントロールすることは必須です。特に血圧と食生活の関係は大きく、30歳を超えた頃から消費エネルギーが減少してしまいます。摂取エネルギーが変わらない場合、内臓脂肪として蓄積され、血液循環に影響を与えるなど、高血圧へ移行しやすくなります。腹八分目は病食では意識すべきで、醤油やソース系の塩分、揚げ物などの高カロリーなメニューは控え目を意識します。血圧の上昇を防ぐカテキンを含む緑茶を愛飲することも、高血圧をはじめ、生活習慣病の予防に繋がります。食物繊維として寒天で緑茶ゼリーにしたり、緑茶は臭み取りから香り出しなど、様々な料理に応用もできる利点も挙げられています。

リスクを下げるには

食事

食事療法は痛風のリスクを下げるのに有効です。しかし、あまり神経質になるのもよくありません。ストレスがたまるのもNGです。プリン体を避けようと考えるのではなく、摂り過ぎないように気をつけましょう。ある程度なら摂取してもOKです。

Read